「親子を会わせないのが私の仕事」山口寛弁護士の言い分

新たに二人の弁護士が「面会交流阻止で成功報酬」の表示を削除

山口寛 弁護士
  山口寛弁護士

本サイトの指摘により、一部の弁護士が「面会交流阻止で成功報酬受領」の表示を消したことは、先月お伝えしました(下記ツイート参照)。

そして今月、更に山口寛(やまぐち ゆたか)弁護士(右写真・東京弁護士会)を含む二人の弁護士が、表示を消したことを確認しました。これで、面会交流の阻止で成功報酬を受け取るとHPに表示していた16人の悪徳離婚弁護士のうち5人の弁護士が、その表示を消したことになります。

このブログを読んでいただいている皆さんが、広めていただいたおかげです。改めてお礼を申し上げます。

「面会交流阻止で報酬を受け取るのは合法」と言い張る山口寛氏

ところが、「面会交流阻止で成功報酬を受け取る」との表示を消した弁護士の一人、日本橋神田法律事務所の山口寛弁護士より、以下の指摘がありました。山口寛氏の「言い分」は、以下の内容です。

山口寛弁護士の言い分

「一般読者の通常の注意と読み方を前提とすると、自分たちが民法や同条約を理解しておらず、民法や同条約に違反して、子どもの福祉を害しているのみならず、違法に親子を引き離して、成功報酬を得ているという事実を摘示した上で、自分たちが悪質な法律等違反行為を行い、弁護士としておよそふさわしくない人物であるという印象を与えるものである。それゆえ、かかる虚偽の事実が第三者に広まった場合、弁護士である自分たちとしての信用が失墜し、弁護士である自分たちの社会的評価が低下することは明らかである。」

上記の内容からすると、山口寛弁護士は問題の報酬表示を消した(下図参照)にもかかわらず「自分は悪くなかった」と考えているようです。

おそらく山口寛弁護士は、サイト上の表示を消しただけで、実際には今も面会交流の阻止で成功報酬を受け取っているのでしょう。山口寛弁護士は、なんと、子供を親から引き離して成功報酬を受け取ることが、弁護士の仕事の一部であると考えているのです。

子供を泣かせて報酬を得ることは許されるか

親子を引き離して成功報酬を受け取る行為は、国内法と国際条約に違反しており、そのような反社会的な行為をする人間は、弁護士という社会的責任ある立場として、ふさわしくありません。そのため本サイトでは、「弁護士による児童虐待(子供の親からの引き離し)を防止する」という公益の観点から、山口寛弁護士の行為の違法性を指摘してきました。

山口寛弁護士に、改めて申し上げたいことがあります。それは、弁護士として、そして人間としての信用を失いたくないのなら、まず、親子を引き離して成功報酬を取るような恥ずかしい行為は今すぐやめなさい」ということです。子供を虐待して報酬を得るような人は、弁護士としてどうかという以前に、人間として失格です。

素顔や経歴がわからない山口寛弁護士

なお、この山口寛弁護士、「親子を引き離して成功報酬を得る悪徳離婚弁護士16人」という記事を作成したときから、気になっていたことがあります。それは、山口寛弁護士が、自分の弁護士事務所のHPに、不自然に自分の素顔を隠すような写真(このブログ冒頭の写真です)を掲載していることです。

山口寛 弁護士 経歴
  山口寛弁護士の「経歴」(HPより)

また、山口寛弁護士のHPに掲載されている経歴は、暦年がなく、極めて具体性が乏しい(右画像参照)のも不思議です。多くの弁護士が掲載されている『全国辯護士大観』という本にも、山口寛弁護士は掲載されていません。

共同で事務所の共同代表である渕側友晴(ふちかわ ともはる)弁護士(第二東京弁護士会)も、『全国辯護士大観』に掲載されておらず、HPには写真すらありません。

「面会交流阻止の仕事は合法」との「主張」をお待ちします

山口寛弁護士は1971年生まれで2014年に弁護士登録しているので、現在50歳前後ですが、弁護士経験はまだ数年というところのようです。調査したところ、山口寛弁護士は弁護士登録後、アディーレ法律事務所に勤務していたことがわかりました。

もしかすると、弁護士としての経験が浅いうえに、アディーレ法律事務所の業務停止等で仕事を失い、現在は事務所を維持するのに精一杯で、弁護士の法曹倫理にまで気が回っていないのかもしれません。本来なら、こういう駆け出しの弁護士の綱紀を引き締める仕事こそ、弁護士会にやっていただきたいものです。

山口寛弁護士には山口寛弁護士の言い分があるでしょう。私が間違っているのかもしれません。山口寛弁護士はこのサイトを見ているようですので、主張をお送りいただければ、上にも掲載したように、山口寛弁護士の主張をこのサイトに掲載いたします。なぜ、山口寛弁護士はなぜ面会交流の阻止が、児童虐待ではなく、合法であると考えるのか、専門家の立場から法的な見解を詳しく聞かせてください。

(関連記事)

親子を引き離して成功報酬を得る悪徳離婚弁護士16人

(Visited 359 times, 1 visits today)